So-net無料ブログ作成

パワーレンジャー映画ネタバレ視聴感想 [アクション]

映画『パワーレンジャー』を視聴したので、感想を書きます。
※ここから先はネタバレしています。




まさかアメリカでパワーレンジャーが作られるとは思いませんでした。

でもアメリカでは結構前からドラマが放送されていたそうですね。

全く知りませんでした。



映画『パワーレンジャー』のあらすじは以下のとおりです。
エンジェル・グローブ高校に通うジェイソンはいたずらと事故により 補習クラスに通うことに。

補習クラスでいじめを受けていたビリーを助けふたりはともだちになりました。


ビリーに誘われて二人は鉱山に向い、キンバリー、ザック、トリニーに遭遇。

ビリーは持ってきたダイナマイトで鉱山の一部を爆破、 5人は5色のコインを発見しました。

警備が爆発に気づき、5人は車で逃走途中、貨物列車と衝突してしまいました。


翌日5人は無傷でそれぞれの自宅にいました。

体に異常を感じ5人は再び鉱山に集合、山を駆け回り超人的な力を得たことを 知りました。


川底に不思議な空間と宇宙船を見つけた5人は中に入り、 アルファ5と名乗るロボットと遭遇。

アルファ5の案内で、肉体を失い壁の顔となったゾードンからリタという敵から 地球を守るパワーレンジャーに選ばれたと告げられました。

5人は戸惑いながらもリタと戦うために訓練を開始、しかしいくら訓練をしても 5人は返信をすることが出来ません。


漁船により海底から引き上げられたリタは人を襲ってゴールドを集めを開始。

5人は変身できないままリタと戦い、ビリーが命を落としました。


4人はビリーの痛いを宇宙船に運び、ゾードンは自分の復活と引き換えに ビリーを生き返らせ、5人は変身することが出来ました。


地球を破壊することができるジオ・クリスタルを求めてリタは ゴールダーという巨人とともに街を襲撃。

5人は恐竜のスタガをした巨大ロボットダイノゾードとともに駆けつけ応戦するも ゴールダーに太刀打ちできず。

追い詰められた5人でしたが、ダイノゾードが合体してメガゾードとなり ゴールダーを倒すことに成功。

リタはメガゾードによって宇宙に飛ばされ、宇宙空間で凍結しました。


5人はパワーレンジャーのルールに従い招待を隠して学校生活に戻りました。




映画『パワーレンジャー』予告(英語・日本語字幕)




リタ役の女優はエリザベス・バンクスさんだったのですね。

エンドロールを見るまで全く気づきませんでした。



トリニー役にはベッキー・Gさんという歌手です。

日本ではあまり知られていませんが『シャワー』という曲は
大ヒットしています。



Becky G - Shower (Official Music Video)




キンバリー役のナオミ・スコットさんはまだ知られていませんが、
これから日本で有名になりかもしれませんね。

スコットさんはディズニー実写映画『アラジン』でジャスミンを演じている
女優さんです。


実写映画『アラジン』の予告(英語・日本語字幕なし)




リーダーのジェイソンを演じたのはデイカー・モンゴメリーさんという
オーストラリアの俳優です。

ハリウッドデビュー作が主演とはすごいですね。




映画にはドラマ版『パワーレンジャー』に出演していた俳優さんが
カメオ出演しているそうですが、全くわかりませんでした。

向こうのドラマを見ていたないからわからなくて当然といえば当然ですけどね。



パワーレンジャーは白人や黒人、アジア系にヒスパニック系(ラテン系?)
とバランスよく選ばれたようです。

昨今の世相を映しているともいえます。



内容は王道という感じ。

アクション物・青春物としてはちょっと中途半端な感じはありますが、
ドーナツ屋でのシーンは結構好きです。

キンバリーとトリニーも楽しそうでした。

でもちょっと気になる点がいくつかありましたね。



まずジェイソンがリーダーに選ばれたのは、赤いコインを持っていたからでした。

5人をまとめ上げてリーダーになったのではなく、
リーダーのコインを持っていたからリーダーとして振る舞っていたと。

みんなそれに納得しているのかどうかわかりませんが、ジェイソンの指示に
従っていましたね。



ザックは反発しているように見えましたが、自己中なだけにも見えました。

ダイノゾードを勝手に乗り回してみんなを危ない目に合わせたのに
反省している様子を全然見せないし。

でもみんなで焚き火を囲っているときに母親が病気であることを打ち明け
みんながいるからとかなんとか。

みんなを信頼しているようには見えませんでしたけど、
と突っ込みたくなりました。



ビリーは自閉症を抱えているそうで、最初は人とは違うという部分が
結構はっきりと描かれていました。

でも後半は普通の男の子にしか見えませんでした。




トリニーは同性愛者でそのことで家族ともめていて、キンバリーは友達の
裸の写真を拡散したとか。

ジェイソンはアメフトの有能な選手だったけど、いたずらと事故でその道が
閉ざされてしまいました。



みんな問題を抱えた落ちこぼれということみたいですが、ビリーが
いじめられていたのは最初だけ。

トリニーが同性愛者だと知っても4人とも特に何もなし。

アメリカの現状を考えると、もうちょっと4人のゴタゴタを描いても
良いのではないかなと。

そうすればそれぞれの悩みなどが強調されて変身できない理由もより
理解しやすかったと思います。

まあ5人もいるしリーダーがメインだし、時間的なことを考えると
難しいのかもしれませんけどね。



映画は続編を作る予定だったのか、リタはやられる前にジオ・クリスタルを
狙っているのは自分だけではないと言っていました。

そしてリタを倒した後、5人が通う補習クラスに転校生が来ることに
なっていたようです。

わざわざ最後に転校生が来ることを知らせトミー・オリバーという名前
まで登場させたということは続編では主要キャラになるということです。



肝心の続編ですが、どうやら制作されるようです。



続編が制作されると決定したと発表はありましたが、詳細は不明です。

2017年の公開当初は主要キャラを演じた5人はあまり有名で
はありませんでした。

まあベッキー・gさんは有名歌手だったかもしれませんけど。



しかし現在はナオミ・スコットさんはディズニー実写映画『アラジン』に
出演するし、知名度はかなりアップしています。

続編に前作の出演者が全員揃うのか気になりますね。

以上です。

関連記事
ランペイジ吹き替えを視聴した感想
ロビンフッド映画ラッセルクロウとケイトブランシェット共演作感想
アントマンネタバレや視聴感想
高慢と偏見とゾンビのネタバレやあらすじ視聴感想
ny心霊捜査官実話が元になっている映画の視聴感想





スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。